35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

顔のニオイ知識

顔の脂が出過ぎて臭い!-脂性肌になる理由-(1/2)

更新日:

顔の脂が多くなるのはどうして?
顔の脂
身体の中で、「顔」という部分は、脂が分泌されやすい箇所です。Tゾーンと言われたりもしますよね。

顔の悩み、トラブルを持つ方は多く、特に「脂がたくさん分泌されるしニオイも臭い」という方がいらっしゃいます。

このような方は、ほとんど肌が「脂性肌」になっている可能性があります。 脂性肌とは、皮脂が過剰に分泌され、顔のベタベタやテカりを呼び起こす肌の状態を指します。

脂が沢山分泌されると、活性酸素により酸化が始まり、臭いニオイを発生させる原因になりえます。

なぜ脂性肌になるのか?

この脂が多くなる原因、脂性肌になるのはなぜしょうか? それは、

① 顔の脂を取り過ぎている(過剰な顔の脂除去)
② 毛穴が詰まり、皮脂が皮膚内に取り残される

ことなどが、要因としてあります。

肌の脂は取りすぎてはいけない?

顔の脂というのは、ベタつきや、テカテカ、ニキビの発生などを招くため、一般的に決して良いイメージはありません。その為、脂性肌になっている人は、その状態を回避、改善するために「ゴシゴシと念入りな洗顔」、「1日に何度も洗顔する」という行為をしがちです。

しかし実はこの行為は、余計に脂性肌を招く原因をつくってしまうのです。

顔の脂とは、「皮脂」を指します。

お肌にとって、皮脂は健康な肌を保つために必要なものなのです。
皮脂には、

・水分の蒸発を防ぐ(乾燥をさせない働き)
・外からの刺激から守る

という役割があります。 しかし洗顔行為により、肌に必要最低限の皮脂が存在しないと、肌はリスクを感じます。

その後、自分を守るために、より皮脂を出そうとする活動が行われます。これが、脂性肌をより悪化させる原因です。

→ -脂性肌の臭い対策- へ

あわせて読みたい関連記事:

■ 顔の脂が多くなる原因は何?顔の嫌なニオイや脂とはおさらば!

-顔のニオイ知識
-, ,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.