35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

顔のニオイ知識

顔の脂が出過ぎて臭い!-脂性肌の臭い対策-(2/2)

更新日:

脂性肌から発生する臭いニオイ
前ページ: 顔の脂が出過ぎて臭い!-脂性肌になる理由-(1/2)
顔の脂

前ページで、顔の脂が多くなる理由、脂性肌は皮脂の分泌が盛んな状態であることを説明しました。 「皮脂の分泌が多い=脂が多い」ということです。

人間の脂は、人により強弱はありますが、臭いニオイを発生させる原因につながります。
それは、

1. 活性酸素による酸化
2. 細菌による皮脂の分解

という事から、臭いニオイの発生につながる脂肪酸を生成させてしまうのです。

活性酸素が酸化をさせる

人間の身体は、常に酸素を取り入れています。呼吸により、酸素を供給していますよね。酸素は身体にとって必要であり、体内で様々な栄養素と結びついてエネルギーを作ります。

しかし、全ての酸素は使われないのです。 体に残ってしまう酸素も存在します。この残った酸素が変化して生まれるものが、「活性酸素」です。活性酸素は、アミノ酸や糖質、脂質などを酸化させてしまうなど、体内へ色々な悪影響を与えてしまいます。

この活性酸素による酸化により、ニオイの発生する典型的なものが加齢臭です。 また、20代~30代の方であっても、加齢臭とは言わずとも脂質系の臭いニオイを発生させる要素です。

細菌による皮脂の分解

肌に皮脂が多く発生している状態というのは、細菌のエサとなるものを沢山用意していることに繋がります。

特に皮脂は、長時間毛穴の出口に溜まったり、残存していたりすると、細菌(黄色ブドウ球菌)や、真菌(カビ)などを増殖させることになります。

これら細菌が皮脂の分解を始めると、通常皮膚に存在する常在菌(表皮ブドウ球菌など)の分解する脂肪酸のニオイより、異なる臭いニオイを発生させてしまいます。

脂性肌の対策

脂性肌の改善には、下記の日常ケア・注意点をクリアする必要があります。

■ 洗顔上の注意点

1. 洗浄力の強すぎない洗顔料を使用する。
2. 1日に何度も洗顔をしない。
3. 低刺激な洗顔料を選ぶ。

■ 日常のケア・注意点

1. 保湿を行う(たっぷりの水分と適度な油分)。
2. ストレスを溜めない
3. 動物性脂肪の食品は控えめにする

洗浄成分の強すぎない洗顔料を使用しましょう。また、保湿も大切です。

脂性肌は、乾燥肌になっている可能性があります。 これは、強すぎる肌の洗浄、回数の多い肌の洗浄により、皮膚の保湿の役割である角質が、取り除かれてしまいます。 こういった肌の状態である方は、乾燥肌になっています。

このままでは、余計に脂の分泌を招きますので、保湿をしっかりと行いましょう。

肌の保湿は、たっぷりの水分(ローションなど)を肌に含ませ、その上から油分(乳液など)の膜をはり、肌に水分を閉じ込めてあげることが大切です。

でなければ、肌に吸収された水分は、すぐに蒸発してしまい、保湿の役割は果たせません。効果のある保湿をしてあげましょう。

脂臭いニオイの対策として柿渋石鹸が効果的

脂性肌は、急には改善されません。 地道な継続的ケアが必要です。
顔の脂が多い方は、その脂から発生する臭いニオイも悩みの一つかと思います。

臭いニオイの悩みを解消したい方は、柿渋石鹸がおすすめです。
体臭の消臭効果で有名な柿渋石鹸は、顔の脂臭いニオイにももちろん効果があります。また、消臭効果だけでなはく、保湿にも優れているのが柿渋石鹸です。

私自身も、脂性肌であったため、顔のニオイに悩まされました。 脂性肌への改善を行う中、洗浄成分はもちろんですが、保湿にすぐれた柿渋石鹸を使用することで、肌の保湿と臭いニオイ対策が同時に行え、かなり悩みが解消されました。

以来、継続して柿渋石鹸を使用しています。 顔の臭いニオイに悩む方は、ぜひ一度お試しください。

あわせて読みたい関連記事:
■ 顔が臭い!何とかしたい!という人はこの消臭石鹸で洗顔ケア

■ 顔の脂が出過ぎて臭い!-脂性肌になる理由-(1/2)
■ 顔の脂が多くなる原因は何?顔の嫌なニオイや脂とはおさらば!
■ わずか3分!顔の脂の臭いニオイを消し去る手間いらずな方法(管理人の洗顔ケア)

-顔のニオイ知識
-, , ,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.