35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

体臭面の注意・アラート関連

30代男性に体臭アラート!「ミドル脂臭」なる世代特有の体臭とは!?

更新日:

30代男性に体臭アラート!「ミドル脂臭」なる世代特有の体臭とは!?
ミドル脂臭
「30代男性に特有の体臭・ニオイがある事を発見!」という内容を、大手化粧品メーカのマンダムが発表しました。 その体臭を、30代の世代を示す“ミドル”という名を用い、「ミドル脂臭」と名づけられました。
この30代から発するニオイ成分の正体は、「ジアセチル」という物質が原因との事。

この30代特有のミドル脂臭について簡単に説明していきます。

1.ミドル脂臭は頭部周辺から発生する体臭である 
主に、後頭部や頭部周辺から発生するニオイのようです。この場所からも「本人は気づきにくい」といった特徴があります。 頭皮のニオイと混ざると、さらに悪臭になるやっかいな体臭です。

2.ミドル脂臭の臭いは、「廃油のような古い油のニオイ」

40代以降の加齢臭として「枯草や、古い図書館のようなニオイ」などが例えられますが、ミドル脂臭は異なり、“使い古しの油”が用いられます。 嫌な印象ですね。
この表現は、30代男性の体臭を表現する際に、よく使われる文例です。この表現で表されていたニオイを「ミドル脂臭」と新たに名づけられました。

3.ミドル脂臭の原因物質は「ジアセチル」
臭気成分の「ジアセチル」が30代特有の体臭とする原因物質と判定。頭の汗に含まれる乳酸を、皮膚の常在菌であるブドウ球菌が分解、代謝をすることで発生するようです。加齢により増加し、40歳代頃までにピークに達する物質。30代はまさに上り詰める時期です。
このジアセチルは揮発性が高く、「ニオイが拡散されやすい」といった特徴もあります。
加齢臭の原因物質「ノネナール」と比べ100倍拡がりやすいのだそう。

4.ミドル脂臭のニオイを防ぐ方法
①汗をかいたらすぐに拭き取る
②頭皮の洗髪は二度洗いをする
③汗腺を鍛える
汗の放置は、体臭を招きます。これは30代のミドル脂臭のみならず、体臭には共通の要因です。汗をかいたらすぐにふき取りましょう。また、ミドル脂臭の原因物質「ジアセチル」は、加齢とともに落ちにくい特徴を持ちます。特に30~40代は20代と比較して、洗髪後も残存率が高いようです。その為、洗髪は、後頭部から頭頂部を、丁寧に二度洗いすると効果的のようです。
また、汗をかいて清潔に保つことが、推奨されています。運動や、手足の高温浴、サウナなどで汗をかき、汗腺を鍛えることも大切のようです。

■まとめ

ミドル脂臭は頭部、後頭部から発生する
ミドル脂臭の原因物質は「ジアセチル」
ミドル脂臭の防止には、日々のケアが大切
 (汗をすぐにふき取る、洗髪を丁寧に、肌を清潔に保つ)

 

やはり何より、頭皮を含め、日々の身体や肌のケアが大切です。
30代男性は特に注意して生活を送りましょう。

体臭に消臭効果の高い柿渋石鹸には、シャンプータイプも存在します。
顔から首下は石鹸タイプを用い、頭部はシャンプータイプを用いるなど、部位別に体臭ケアも使い分けるのがより効果的ですね。

あわせて読みたい関連記事:

■ 30代を悩ます体臭の原因「ペラルゴン酸」
■ 柿渋石鹸は30代特有の体臭にも効果がある

 

-体臭面の注意・アラート関連
-, ,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.