35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

体臭・加齢臭の話題ニュース

外国人の体臭意識はどの程度?ヨーロッパ人男性の体臭ケア

更新日:

外国人男性(ヨーロッパ人)の体臭意識・ケア方法とは?

外国人の方々の体臭ケア方法についてご紹介します。今回はヨーロッパ人男性にスポットを当てた話題記事です。

ヨーロッパは、体臭発生の要素である、「肉食文化」です。動物性タンパク質の摂取がとても多い地域です。そのため、体臭が強いとされる西欧の人たちですが、彼ら外国人の方々は、体臭面をどのように、感じているのか?

三人のフランス人、イギリス人男性へのインタビュー記事がありましたので、ご紹介します。

■ヨーロッパの男性外国人3人による体臭面の意識・ケアについて

●マルコ・レデュックさん(30代後半)/フランス

フランス人にとって香りは自己表現のひとつ。好きなブランドの香りを身に纏うことで、スタイルを確率している人が多いように思います。

ただし、香水には殺菌効果がありません。このため、時間が経ってもよい香りを保てるよう、まずはデオドラント(制汗剤)で消臭してから香水をつけるのが効果的。

「シャワーを毎日浴びずに、香水をふりかけてニオイをカバーしている」と言われることの多いフランス人ですが、香水は体を清潔に保ってから使うもの。

入浴とデオドラントは体臭を抑えるのに必要なものです。私自身は、ニオイを感じる箇所にハンドサニタイザーをつけています。驚かれるかもしれませんが、安上がりで効果抜群ですよ!

●ルマン・レミーさん(20代後半)/フランス

「汗の香りがした方が男らしい」と考える人もいるようですが、私は「いつも良い香りのする男性でありたい」と思っています。自分自身のためだけでなく、周囲の人たちにとっても快適な存在でいたいので。

誰だって、友達や職場の人に「あの人、クサい」なんてレッテルを貼られたら嫌ですよね?

私のニオイ対策はとてもシンプルなもので、脇毛を定期的にカットすること(脇毛が多いとムレやすく、菌が繁殖しやすいため)と、デオドラントのみ。パン職人をしているので香水は使いません。

●ジャック・ストーンさん(20代後半)/イギリス

ニオイが気になる時には、シャワー! デートの時には、デオドラントとお気に入りの香水をつけるけれど。

(引用記事:TABIZAINE 体臭は気にする?「ニオイ対策」をヨーロッパ人男性に直撃してみた

彼らも体臭意識はしっかりとありますね。この3名の方のケア意識が、平準的なものかは分かりませんが。3名ともに「デオドラント剤」を用いているようです。

確かに、汗からでる臭い(ニオイ)は、皮膚の細菌(常在菌)によって発生することが一つあり、汗を掻かなければニオイは発生しにくい事が言えるため、効果的な方法ですね。

ハンドサニタイザーをつけるなど、変わった体臭ケアをしている方もいらっしゃいました。効くのかどうかは不明ですが。

■ 外国人男性(ヨーロッパ人)から学ぶ体臭ケア

・身体をキレイにしてからデオドラント剤をつけ、香水をつける
(脇毛を剃ることも効果的)

基本的な体臭ケアですが、「持続している人」というとなかなかいないかもしれませんね。

汗をよくかく夏の季節。残暑もまだまだあり、体臭には注意しましょう。

あわせて読みたい関連記事:

■ 外国人の憧れ!? 「日本人の体臭」に羨む海外の反応
■ 30~40代男性の体臭ケア商品「ルシードデオドラントシリーズ」

-体臭・加齢臭の話題ニュース
-,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.