35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

加齢臭の知識

加齢臭を抑えるには?諦めずにニオイと闘おう!

更新日:

 加齢臭を抑えるには?

40歳頃から気になり始める加齢臭ですが、この臭いの正体は、汗と一緒に出る物質である「ノネナール」であることが分かっています。

このノネナールは、汗臭さとは違った、独特のにおいを発生しやすくするものと考えられます。

加齢臭の臭いは、図書館に並べてあるような本、ろうそく、青くささのあるチーズなどと例えられることが多いです。カビのような青臭さと脂質が混ざったような、独特の臭いを放つ、なんとも言えない臭いなのです。加齢臭は、人それぞれ度合いが異なりますが、ある程度年齢を重ねれば誰にでも起こりうる現象です。

加齢臭は、一般的に男性に多いものですが、女性にも発生するものです。この加齢臭は、本人には分かりづらいものです。しかし、他人には不快な臭いを放っています。身近な人が、臭いについて傷つかない程度に教えてくれればいいのですが、本人には、なかなか言いづらいものです。

 加齢臭は努力で抑えられる!衣類や食生活にも改善を!

しかし、加齢臭の臭いは、本人の努力次第で抑えることができる体臭です。まずは、朝起きたら、シャワーを浴びて、余分な脂質をていねいに洗い流すことから始めましょう。

これだけでも臭いはある程度抑えることができると思われます。さらに身に付ける下着やシャツは、いつも清潔であることも大事なことです。

また、食生活にも気を配りましょう。肉類は、脂質を蓄えてしまい、加齢臭の元となりますので、魚や野菜を中心とした和食をオススメします。さらに食事の中にビタミンCビタミンEを摂りいれることによって、加齢臭の発生を軽減させることが期待できます。

これは、「抗酸化作用」によるもので、加齢臭の対策としては、必要な栄養素であるといえます。りんごと酢にも加齢臭を抑える消臭効果があります。りんごと酢のダブル効果で加齢臭の消臭効果がアップし、臭いだけでなく体臭予防にも期待できる万能な果実酢なのです。健康にもよいので一度試してみる価値はあります。

このように、食生活を変えるだけでも、加齢臭を抑えることが期待できます。また、ストレスも加齢臭の原因となりますので、ストレスを溜めないように心がけましょう

加齢臭を抑えるには、まずは清潔な体を保つこと、肉類などの欧米化した食生活を控え、和食中心の食事を心がけること、ビタミンCを多く含む果物、例えばみかんやイチゴなどを積極的に摂りいれること、さらにビタミンEを摂取するなど、加齢臭を抑える対策はいろいろあります。

「加齢臭は抑えることができない」「仕方ない」」と諦めずに不快な臭いの元を断つ努力を行いましょう。

加齢臭の対策は、若々しい身体、イメージを取り戻すことにもつながります。

あわせて読みたい関連記事:

■ 加齢臭を消すボディソープ

 

-加齢臭の知識
-,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.