35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

加齢臭の知識

加齢臭は耳の後ろに要注意!? 加齢臭対策としてケアすべき身体の部分とは?

更新日:

加齢臭は耳の後ろに要注意!?
耳の後ろ

加齢臭対策には、ニオイの発生しやすい部分をしっかりとケアすることが大切です。加齢臭は耳の後ろがニオイやすいと言われています。 これは間違いではなく、耳の後ろは確かに加齢臭が発生しやすい部分です。これは、皮脂腺の量が多いためです。

加齢臭の臭いニオイが発せられる場所は、以下のような部分です。

加齢臭の発生部分

・頭皮
・額
・首回り
・耳の後ろ
・胸部
・背中(中心腺)
・わき
・へそ周り
・陰部

耳の後ろ以外にも、頭部、首回り、胸部といった場所も加齢臭がでやすい部分です。
加齢臭は、皮脂腺から出る「ノネナール」という物質が原因で発生します。

そのため、皮脂腺が多い場所(部分)というのは、必然的に加齢臭のニオイが強い(多い)場所と言えます。耳の後ろは、皮脂腺が多く、また、入浴時にも洗われにくい場所であるため、特に「加齢臭や体臭がニオイやすい場所」と言われています。

加齢臭対策としては、耳の後ろは重要な部位であるため、加齢臭が発生する40歳代以降の人は、特に注意してケアをする必要があります。

また、加齢臭が発生する以前の30代以下の人も、耳の後ろは前述した「皮脂腺が多い」という特徴から、体臭が発生しやすい場所です。 耳の後ろを指で触ってみて、脂っぽい感じがしたら要注意です。 自分ではきづかない内にニオイを発生させているかもしれません。

入浴時、朝の洗顔時など、しっかりと泡立てた洗顔料で耳の後ろ、できれば首回りもしっかりと洗う事をおススメします。

また、耳の後ろ以外にも、加齢臭が発生する場所は存在します。加齢臭のニオイ対策には、ニオイが発生しやすい場所へのケアが必要です。身体のどの場所が、加齢臭を発生しやすいのかを理解し、日々の体臭ケアに取り組む事が大切です。

-加齢臭の知識
-,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.