35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

加齢臭を消す対策

加齢臭の原因物質「ノネナール」を洗濯で落とす方法

更新日:

 「ノネナール」を洗濯でしっかりと落とす方法

これから夏を迎え、汗をかく日が多くなってきます。特に男性が気になる体臭のひとつに「加齢臭」がありますね。

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質で、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化したり分解したりして発生する臭いであるといわれています。

人間は、歳を重ねるごとにホルモンの働きが衰えてくるため、40歳前後あるいは早い人では、30歳頃から男性だけではなく女性も、この加齢臭の原因であるノネナールが増加していく傾向にあります。しかし、加齢臭は自分ではなかなか気づくことが難しく、周囲に不快な思いをさせていることが多くあり厄介な問題です。

そこで、この加齢臭の原因であるノネナールを洗濯で落とす方法をお教えします。

加齢臭を洗濯でしっかりとニオイ除去する方法

洗濯には、まず洗剤を選びます。使用する洗剤の効果をパワーアップすることが大切になってきます。

最近販売されている洗剤は、臭いに着目した製品が多く見受けられます。しかし、洗濯でノネナールのニオイをしっかりと落とす効果が洗剤を使用しても無駄な努力になってしまいます。

例として、液体洗剤の「ナノックス」は、皮脂汚れに最大限の威力を発揮し、洗濯時に効果が期待できる商品として注目されています。加齢臭の原因物質であるノネナールをしっかりと落としてくれる非常に頼もしい商品です。

洗剤の量は増やしても効果はない

洗濯時に気をつけていただきたいことは、洗剤の量を増やして洗濯しても効果を発揮しないということです。特に一番汗をかきやすい首まわりのような部分的な臭いに対しては、洗剤量を増やすよりも洗濯をする前のこまめな部分洗い、あるいは付け置きをする方法が適しています。

付け置きするときは、40度くらいのお湯に洗剤と漂白剤を入れます。気になる臭いをしっかり落とすために、併用することで最大限の効果を発揮します。だいたい30分から2時間程度を目安としてください。

その後は、普通に洗濯をしても大丈夫です。

また、襟の黒ずみが目立ち始めてくると、必死に部分洗いやブラシでゴシゴシとこする方がいるかと思います。黒ずみが気になり始めたらすぐに漂白剤を使用して部分洗いをすると、黒ずみが気になることはないようです。

洗濯で加齢臭のニオイを落とすためには、洗濯前の漂白剤使用による付け置きが重要といえますね。

上手に洗剤と漂白剤を使用し、洗濯で気になるノネナールをしっかり落とし、気持ちのよい日々を過ごしてください。

-加齢臭を消す対策
-,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.