35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

体臭の知識

汗が臭い原因

更新日:

「汗が臭い!」 その理由は?

よく「汗が臭い!」という言葉や表現をよく聞くかと思います。しかし実は、汗自体に強いニオイはありません。ボディケアに敏感な方は、すでに知っている事実ですが、意外に知らない方は多いです。
ではなぜ、「汗が臭い」、「汗の嫌なニオイがする」などと言われるのか。

それは皮膚上に存在する細菌(常在菌)による分解が行われるためです。
汗をかいた後、皮膚に残された汗の成分を、この細菌が分解することで、臭いが発生します。

細菌の分解は、湿度が高くなるとその活動が活発になります。
これは、細菌が増殖しやすい条件であるからです。
そのため、汗をかいた後に肌に残った汗をそのまま放置しておくと、細菌が増え汗の分解も促進され、ニオイが発生しやすくなります。

2つの汗腺 「エクリン腺」と「アポクリン腺

人間が汗をかく汗腺には、2種類あります。それは「エクリン腺」と「アポクリン腺」です。

エクリン腺・・・・

全身の肌部分に存在している汗腺で、90%以上が水です。 塩分、カリウムなどの物質が存在しますが、無色でサラサラしており、ニオイはありません。

特に手のひらや足の裏、頭や顔に多く存在します。 よく汗をかきやすい場所ですね。

エクリン腺からの汗は、体温調節の機能などありあり、身体を防衛するための重要な役割もあります。

アポクリン腺・・・

わきの下、乳首、陰部、耳の後ろ、肛門付近などに多く存在する汗腺です。エクリン腺とは違い、個人によっても汗腺の量がことなり、身体の限定された部分で存在します。

アポクリン腺は、水分が70%程度となっており、その他はタンパク質、アンモニア、脂質、などの成分が存在します。
粘り気のある汗が分泌され、この汗が身体を臭くさせるひとつの原因になります。

臭くない、きれいな身体を保つには?

エクリン腺からの汗、アポクリン腺からの汗、いずれにしても汗をそのまま放置すれば、
やがて細菌により分解され、「汗が臭い」、「嫌な臭いがする」 原因になりえます。

特にアポクリン腺の汗は要注意です。
体臭を予防するための対策としては、

・汗をかいたらすぐに濡れタオルなどで拭く
・洗い流す

といった、即効性のある対処が効果的です。また、これはあくまで一時的なため、
根本原因としてあるかもしれない、

・食生活の改善
・生活習慣の改善
・運動して多くの汗をかく

といった対策についても考える必要があるか、自分のライフスタイルを振り返ってみましょう。。

-体臭の知識
-,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.