35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

体臭の知識

危険!体臭コンプレックスの「自臭症」とその原因

更新日:

体臭コンプレックスの「自臭症」とは?
自臭症

実際は体臭がきついわけではないのに、自分は体臭がきついと思い込んで悩んでいる人がいます。このような症状を自臭症(じしゅうしょう)と呼びます。

自臭症とは、周囲の人に自分は臭いと思われていると強く思い込んでしまう精神疾患の一つです。

自臭症になってしまう原因は様々ですが、多くの場合は他の人に口臭や体臭について指摘されたことが原因になります。もともと潔癖症の人がなりやすい症状で、たった少しの臭いでも自分自身で気にかかり、許せなくなってしまいます。

自臭症に悩んでいる人は、一度体臭について指摘されたことが原因になり、自分は四六時中体臭を発していると考えがちになってしまいます。やがて、他人と接すること自体が恐くなり、恐怖を感じるようになるのです。

ただ、自臭症の方は、その時たまたま体調が悪く口臭や体臭があっただけで、特別に強い体臭を持っていない人がほとんどです。

自臭症に陥ることが怖い点は、コンプレックスが原因でうつ病になり、自殺をしてしまう人まで発生する可能性がある点です。そのため、周囲の人も言葉に気をつけなければいけません。

潔癖症のタイプの人には体臭について軽々しく指摘しないほうがいいでしょう。自臭症を発症する原因となってしまうからです。軽はずみに臭いについて話題にしないことが、対策となります。

自臭症になった場合は、精神科で治療することができますが、神経症の人が受ける治療と同じ治療を受ける場合が多いです。本人が思い込んでいる臭いと、実際の体臭が違うということを認識させる必要があります。

人間はもともとある程度の臭いを持っており、無臭な人は誰もいないと認識することもとても大切なのです。

-体臭の知識
-,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.