35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

体臭の知識

30代を悩ます体臭の原因「ペラルゴン酸」

更新日:

30代男性を悩ます体臭の原因「ペラルゴン酸」

加齢臭は、40歳代前後から発生するといわれており、その臭いの原因物質は「ノネナール」です。

しかし30代の男性にも、加齢臭とは異なる原因物質により、独特で鼻につく体臭を発生させる事があるとわかりました。 この原因物質は「ペラルゴン酸」という物質です。

<ペラルゴン酸は“古い油のような臭い”>

30代のペラルゴン酸

30代のペラルゴン酸

30代男性を悩ます原因が、このペラルゴン酸であることを、トイレタリー用品、医薬品メーカのライオンが発見しました。独自の調査で、30代男性の汗、ニオイ成分の抽出、分析・評価を行い、ペラルゴン酸が関与していることを突き止めました。

このペラルゴン酸ですが、「使い古された油のような臭い」を発生させます。

40代前後で発生する加齢臭とは、臭いも原因物質も異なります。
このペラルゴン酸が、なぜ体臭発生の原因となるのでしょうか?

ペラルゴン酸が発生する原因

ペラルゴン酸の発生する原因は、

・皮脂の上にいる細菌(常在菌)が、皮脂に含まれる脂肪酸を分解
・皮脂の酸化

をする事で、発生するといわれています。

このメカニズムは、「汗臭い原因」で記載していますが、汗から臭い発生となる原因と同じです。

同じメカニズムでも30代で臭いが異なるのは、加齢するにつれ、皮脂の分解物のバランスが変化し、ペラルゴン酸という特有の臭いを放つ物質を作り出すのではないかといわれています。

ペラルゴン酸の発生防止対策

ペラルゴン酸の発生は、皮脂が酸化されることで発生します。
酸化を防止する対処、つまり抗酸化がここでもペラルゴン酸の臭い発生を防止することにつながります。

臭気の抑制効果として、「メマツヨイグサ抽出液」が効果的であることが、研究の成果から判明しています。 このメマツヨイグサ抽出液は、ポリフェノールが豊富であり、抗酸化作用に大きな期待ができます。
30代で体臭に悩んでいる方は、対策として抗酸化対処が有効であることを覚えておきましょう。

やはり酸化は、色々とマイナスな要素につながってしまいます。
酸化防止は、トラブルを回避する上でもとても大切なことといえます。

 

あわせて読みたい関連記事:

■ 30代男性に体臭アラート!「ミドル脂臭」なる世代特有の体臭とは!?
■ 柿渋石鹸は30代特有の体臭にも効果がある

-体臭の知識
-,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.