35歳から始める加齢臭・体臭エチケット!

柿渋石鹸の効果

体臭のニオイを消す対策

間違えていませんか?誤った体臭の予防策

更新日:

誤った体臭防止策を実施していませんか!?

体臭を気にされている方は、その体臭発生の予防として、どのような対策をしていますか? 体臭を気にするあまり、間違った体臭対策の方法を実践してしまっていた…などと聞いたりします。

やってはいけない、体臭対策の方法を記載しますので、ご参考に。

身体をゴシゴシと洗いすぎるのはNG

ようく汚れを落とそうと身体をしっかりと洗っているのに、体臭防止には逆効果…なんて悲しいですね。でも、体臭対策としては誤りです。

肌には常在菌とする細菌が存在しています。 細菌と聞くと、「えぇっ!?」と思うかもしれませんが、この細菌には善玉菌と悪玉菌があり、良くも悪くも働きます。 「善玉菌」や「悪玉菌」なんて単語は、人間の腸内を想像しますよね。

この微生物、実は腸内に限ったことではなく、人間の体中に存在し、長くお付き合いをしている関係です。皮膚もまたしかり。

善玉菌は、皮膚の正常化に一役担っており、皮脂の分解を行うことで脂肪酸を生成し、肌のpHを弱酸性に保ちます。これらの善玉菌には、表皮ブドウ球菌、アクネ菌などがあり、肌の上には10種類前後で生存していると言われています。

身体をゴシゴシと洗うことは、これらの善玉菌を洗い流してしまうことになり、表皮の状態が悪くなる事につながります。 善玉菌のバランスが良いと、肌をしっとりと保湿させ、健康的な肌を保たせてくれます。

身体は手と泡で洗うと肌ケアに効果的

身体をシャワーで流したり、湯船につかったりすると、7~8割以上の善玉菌が流されてしまいます。 これに加え、残された善玉菌をしっかりと洗う事で流してしまうと、皮膚上の細菌バランスが崩れ、悪玉菌の活躍機会などを与えてしまいます。 これにより体臭の変化を誘発します。

こういった理由から、身体洗いは気を付ける必要があります。

理想的な洗い方は、

・ボディスポンジやナイロン布を使わず手で洗う
・しっかりと泡立てた泡を使って身体をすべるように洗う

といった肌にやさしい対処が望ましいです。

手を使って身体を洗わない人には、慣れるまで少し違和感があるかと思いますが、続けていくうちに、慣れてきます。

肌の変化も感じることができると思いますので、体臭の防止と、肌ケアの一環として試してみてください。

-体臭のニオイを消す対策
-,

Copyright© 柿渋石鹸の効果 , 2019 All Rights Reserved.